×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第七ラウンド…「スープカレー屋 鴻(オードリー)」

六月後半…梅雨らしいジメジメした空気の中、私は神保町を歩く。
今日も今日とて求めるのは激辛カレー。こんなジメった天気の時こそ、
辛いものを食って身体をウェイク・アップさせるのだ!
(実際カレーに含まれる唐辛子には、アドレナリン分泌を促す効用がある)

今回訪ねたのは、前々回お世話になった「エチオピア」さんのすぐ隣。
「スープカレー屋 鴻(オードリー)」さんである。
スープカレーは久しぶり。Nagafuchiさんのスープカレーには苦戦させられた
思い出があるが、果たして今回はどうかな?


店内は、落ち着いたカフェといった感じ。BGMにさだまさしの「神田川」とか、
イルカの「なごり雪」なんかが流れてて、ますます昭和のカフェっぽい。
店内装飾が別段古くない分、そのミスマッチが印象的だった。

さてメニューを見る。
野菜がゴロっと入っているのはまさにスープカレーといった感じだが、
朝からロクなもん食ってなかった私はボリュームありそうなものを選ぶ事にした。


・100%国産牛 ビーフカレー + 辛さ30倍=\1,100

このメニュー、限定20食の目玉カレーらしい。
これで辛さ調節し、ライスおかわり自由で1,100円だというのだから、かなり良心的な
メニューではなかろうか。流石限定20食は格が違った。

ちなみに辛さについては「4倍以上は責任もてません!」とメニューに書いてあるだけで、
限界値がどれほどかはわからなかった。
しかたなく店員さんにどれくらいまで辛くできるか訪ねてみたところ、
「とりあえず30倍までですかねー」という返答をうけた。
「…こりゃ一見さんには出せない辛さがありそうだなー…」とは思いつつ、
素直に一応の限界値、30倍を頼むことに。


夕刻開店からすぐに入ってお客も少なかったせいか、
カレーも5分ぐらいで出来上がってきた。
しかし店側も再開一発目に30辛作らされるとは思わないだろうなぁ…。





なんかタマゴみたいな皿に乗ってやってきたのは、具がゴロゴロ入った
旨そうなカレーであった。
かき混ぜるまでもなくビーフが「ここにいるぞ!」と主張してくるぐらい、沢山
肉が入ってるらしい。やはりスープカレーの具はこうでなくては。

ただ…問題なのは、そのルーが「ホントにスープカレー…?」と
疑問を抱くほどに粘性が高かった事だ…。これ最早普通のカレーだよ。
よっぽど辛味食材を詰込んでるに違いない。

あとは直接食って確かめるのみ…いざ!

レッツ・デュエル!!


ルーがあまり入ってないんじゃないかというぐらい、具が沢山入っている。
それをかきわけ、とりあえずルーを一サジすくって食べてみる。

…うん!辛い!でもズシっとくる辛さではなく、ビリっと瞬間的に感じる系統か?
こういうタイプは長期戦になってもあまり苦にはならない。というかすぐ慣れる。
だからしばし具と辛味のハーモニーを楽しむ。
ビーフカレーといえば、もうやんカレーのゴロゴロした肉も好きであるが、
国産100%を謳うだけあって若干ジューシー。柔らかい肉に辛味が染み込んで
甘辛い感じ。
野菜もジャガイモ・ブロッコリー・ニンジン・ピーマンと、カレーのメインキャストが
でかい顔して待ち受けている。ニンジンは特に甘味があって美味しかった。
やはり辛味の中に光る甘味というのは格別である。

そうやってどんどん食べ進むうちに、ライスがなくなってしまった。
腹も空いているので、店員さんにおかわりのライスを注文する。

…だが…これが予想外の展開を生み出す事になる!!







辛あっつい!!!

一瞬自分の舌に何が起きたのかわからなかったが、すぐに原因がわかった。
ホカホカのご飯だ!

すごーく地味な問題だが、辛味で口の中が敏感になってる所に、高温の
ライスを含めばどうなるか…?皆さんもお分かりになるだろう。大惨事になる。

辛味に対する慣れはできていても、熱さに関しての慣れは持ち合わせていない!
ただでさえ私若干猫舌だし。まさかおかわりご飯がここまで影響するとは
思っていなかった…。最初から大盛りご飯なら、だんだん冷めていって
辛味にも有利になるのだが。

今まで経験した事のない事態に、とりあえずの対応として
「若干ライスが冷めるまで待つ」というこれまた地味な戦法を取る事にした。
なんだかんだで辛味対決は地味なんですよ。主な対抗策は「慣れる」だけだし。

そんな地味な駆け引きをしつつ、ルーを全て平らげる…!





完・食!!!


ライスの不意打ちには驚いたものの、その後カレーの辛味には慣れっこだったので、
苦なく食べきる事ができた。前回のサフランのように食べきるので精一杯ではなく、
食事を楽しむこともできたので、非常に有意義な試合だったといえるだろう。

今回お世話になった鴻さまのお店はコチラ。先にも言ったようにエチオピアさんの
すぐ隣にあるので、激辛スキーはどっちで喰らうか迷うこと間違いなし。あなたも
さだまさしの歌声をバックに、激辛挑戦をしてみてはいかが?




〜現在の成績〜

30倍…勝利!
まだ未知の階級があるかも知れない…。