×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第八ラウンド…「大沢食堂」

今回も仕事帰りに向かう激辛挑戦。やはり一度都心に出たからにはついでに食っておきたい所。
だって家から往復1000円以上かかるんだもの…仕事ついでに何かしないともったいない。

そんなことはさておき、今度の対戦相手は「大沢食堂」様。激辛カレー好きな人なら一度は
聞いたときのある名前なんじゃないだろうか…?一部では「東京激辛カレーの登竜門」と称される
激辛カレーの有名店なのだ。実際ウチのサイトのお客様にもオススメされるほどである、相当の
期待がされる。

神保町から都心三田線で数分移動したら、千石駅に到着。通りをしばらく進んで商店街の中を進むと、
それはあった。「食堂」という名にふさわしい、まさに大衆食堂然とした佇まいである。今まで挑戦して
きたカレー店の中で一番和風だ。

とりあえずカウンター席に座り、メニューを眺める。
やはり食堂というだけあって、カレー以外のラインナップも豊富だ。定食やラーメンもあるから、地元の
学生とかは大いに利用してそうである。まあ私が頼むのは決まってますがね。

カレーの部分を見ると、どうやら辛さには4段階あるらしい。その中でも一番辛いと思われるのは
「極辛」。それにライス大盛りを注文しようと店員さんに問いかけたところ、こんな言葉が返ってきた。

「初めての方ですか?このカレーは水を飲まれてしまう方にはお出しできないんですよー。」

…なんと?水を飲まないこと前提なのか。これはまた珍しい条件があったもんである。
そもそも激辛好きはそうそう水は飲まないものだが、前もってそう条件付けられると何か緊張感が漂う。
「一口極辛(¥100)」でお試しをしてはと薦められたが、ここは激辛スキーの私。ストレートに極辛レベルを
注文させていただくことにした。

・カレーライス(極辛)+ライス大盛り=\950

さてさて、色々変わった所のあるお店だが、果たしてカレーはどうなのか?久々の激辛挑戦に心躍る。
待ってる間に店の中を観察してみると、入り口の横にチャンピョンベルトを巻いた人物のモノクロ写真が
飾ってあった。今思えばあの人物は店主だったのだろうか。なんか顔が同じ風だったきがするが、確認
取ればよかったな…。

などと考えていると、待望の対戦相手登場。




…カレーに味噌汁ついてくると松屋のカレー思い出しちゃうヨネー、ってそれはどうでもいい。
問題なのは、カレーの色味が赤茶色な事だ…!
私は以前…この色に似たカレーに出会っている…忘れもしない、あいつだ…!

私に「飲水(アクア・ウォール)」を使わせた、
サフランの世界一辛いカレー…!

あいつの雰囲気に、すっごく似てるのだ!
その色味といい、フラットな感じの見た目といい、コイツが奴と同等のレベルである事は
間違いない…!
「水を飲んでしまう方には…」
店員の言葉が今になって蘇る…果たして私は水を飲まずにイケるのか?大きな不安を胸に、
最初の一口を食べる…!


……ああああああ!やっぱり来た!この感じ!!
口蓋咽頭全てを焼き尽くすような辛味!!


食べ進むたびに刺激が増していくのもやはりサフランのカレーと同じだ…確実に重い一撃を
積み重ねていく…厄介すぎる!途中に大きめに切られたお肉をほお張ったが、その甘味を
感じこそすれ、それを楽しむ余裕はなかった…!

思わず水の入ったコップを視界に入れてしまう。だが、店員に念を押され…しかもそれを
余裕と思い挑戦した手前…絶対に水を飲むわけにはいかん…!


それに…


何より…!






負けるわけには…!
過去の過ちを繰り返すわけにはいかないのだッ!!


私はなけなしの根性でもって耐えた!
そして感じていた…だんだんと、自分がこの辛さになれていく事に!
スピードは早くないものの、確実にスプーンに乗せるカレーの量が増していく。
大丈夫だ…このペースならば…勝てる!ペース配分して取っておいたライスを
駆使し、残りわずかになっていたカレールーを食べ進む!そして…





完食!!


汗を流しつつ、達成感に包まれる…。水への渇望を断ち切って、見事カレーを食いきった!
そして勝負が終わった後に飲む水と味噌汁…。やはり、闘い終わった後のこの一杯が格別なのだ。
今回の戦いで、改めて激辛道の本質を学びなおす事になった…。

激辛は、ただひたすらに耐えるべし!

これなくして、真の激辛の道を進むことはできない。私はそれを再び胸に刻み込み、大沢食堂を後にした。
有難う大沢食堂!やはり激辛登竜門の名は伊達ではなかった!!



………ちなみに。
サフランの時もそうだったが、このレベルになると激辛の戦いは食後にも及ぶ…。
完食後数時間は、腹の中でカレーが暴虐の限りを尽くすのだが、それを耐え切る事も激辛好きの宿命。
そんな事を考えながら、満員電車の中でカレー拷問に耐え続ける私であった…。(マジきついんですコレが)

今回お世話になった大沢食堂さまはコチラ。いかにも料理人然とした店長と店員さんが、あなたのお腹を満たす
食事を提供してくれます。カレー以外の料理も豊富だぞ!





〜現在の成績〜

極辛…勝利!

これにて全階級制覇!