×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第六ラウンド…「インド料理 サフラン」

初夏の日差しが照りつける中、懲りずに私は激辛カレーを求めて
東池袋を練り歩いておりました。暑い日にこそ辛いもの。これぞ
究極の避暑なり。

今回向かったのは「インド料理 サフラン」さま。インドカレーの
ライスといえばサフランライスでございますが、その材料となる
スパイス・サフランからとったんでしょうか?サフランは高価な
スパイスとして有名です。その名を冠する店となれば…それなり
の期待をしてしまいますわよ。

お店の装飾はこれまたインド!って感じ。暗めの室内は何だか
落ち着いた雰囲気をかもし出す。店長とその奥さん(だと思う)は
インド人の方で、二人ともナイススマイルでお迎えしてくれた。

ご注文は?と聞かれてメニューを見る。といっても、今回は
メニューなど必要なく、目的のモノは決まっているのだ。そう、
今回の対戦相手は…!


・世界一辛いカレー +大盛り=\950
(ナンとライスは選択可。サービスでドリンクも一つ付くようだ)


どうだい…この名前!大胆不敵だろう!!!
なんと世界一辛いという、とても判りやすい激辛カレーなのだ。
このお店も結構このカレーを目玉にしているようで、今までこの
カレーを注文した人が何人完食できたか集計までしているのだ!
完食割合は今の所10%だそうだ…(2009/5現在)。
挑戦者の過半数をギブアップさせてるっていうんだから、相当に
辛いに違いなかろう!

セットとして付いてきたアイスティーも飲まずに今か今かと待ち構える。
店がすいていたせいか、程なくして対戦者が登場!




うほッ…。なんか…色が若干赤みかかってるんですけど…。アジアンカレーの
レッドカレーとまではいかないまでも、警戒心を煽る赤さだぜ…!
果たして世界一の名は伊達ではないか…お手並み拝見といこうか!

レッツ・デュエル!!


ライスが多少ベタッとしていてご飯党の人間としては残念感を覚えつつも、
ルーと絡ませ一口ほおばる。

うおおお…!き、キタ!!いきなりキタ!!
し、しかしこのパターンは前回のエチオピアと同じ!最初にビリっと来た所で
しばらく耐えればじきに慣れる!そうさ…しばらく耐えろ…!

しばらく…

もう少し…







………!!

な…なんという事だ!一向に「慣れ」が来ない!!
それどころか激辛の刺激は舌だけにとどまらず、咽頭周辺までに至る
口内全体に広がっていく!!

やばい…コイツ、つええ!!!

途中で何度もスプーンが動きを止める…腹の容量はあるのに…食が進まぬ!!
あまりの刺激に、躊躇しているのか…!
このままではジリ貧だ…決断の時が迫る…!
激辛スキーとして…独自の戦法として…今まで「アレ」を使うことは無かったが…

致し方なし!!!






ついに…ついに…水を飲んじまった…!!


今まで辛いものを食べている最中に水を飲むことは避けていた。それは
水を飲むことで今までの辛さへの「慣れ」がリセットされ、辛さをしのぐどころか
逆効果で苦しむハメになるからだ。(あくまで個人的見解)

しかし、今回はそうも言ってられん!水を飲んで一時的にでも中和しないと、
とても食べ進めることは不可能だったのだ…!
汗水たらし、目に涙をうっすら浮かべながらカレーを食べる私の姿は
一般客にはさぞ奇異に映った事だろう…。

時間をかけ、着実に相手のペースを崩しつつ、カレーを食べ進む…。
そして、水もアイスティーも飲み干した頃…!






完・食ッ!!!

厳しい…厳しい闘いだった…!
いかにそれが激戦だったかは、上の構図の狂った写真が物語っていることだろう。
もう…ほんと必死だった…。

水分とカレーが詰まった胃袋引っさげて、お店を後にした…。その内臓の違和感たるや、
実に食後5・6時間にわたり私を苦しめ続けた…。まともに歩けなくなるようなカレーを
食ったのなんていつ以来だ?高校時代にCO●O一の5辛食った時もこんな感じだった
なあ…。

とりあえずサフランの世界一辛いカレー完食率を上げてやった事に満足しつつも、
この世にはまだまだ未知の激辛があるのだなと思い知らされた。私も一層精進せねば…!


今回お世話になった「インド料理 サフラン」さまはコチラ。カレーだけでなく様々な
インド料理を堪能できるお店です。来店すればきっと店長夫妻(だと思うんだよなぁ)
がステキスマイルでお出迎えしてくれますよ。


〜現在の成績〜

世界一辛いカレー…勝利!
これにて全階級制覇!!